ANA機のエンジン

昨日はギア、今日はエンジンです。

まずはトリプルセブンのプラット・アンド・ホイットニーのPW4000。

こちら、例の鷲の絵のロゴマークが張ってない、無印バージョン?!

1_D72_4939.jpg

でもって、こちらはかなり色が薄くなっているというか、剥げ掛かっているP&Wのロゴマーク付きバージョン。

やっぱり、ロゴマークが張ってあったほうがかっこいいですよね。

特にP&Wのロゴは白頭鷲が力強く飛ぶところがデザインしてあって、好きです。

2_D72_5025.jpg

PW4000のアップ。

こちらのロゴマークは若干色が薄くなっているものの、まだはっきりとしています。

エンジンのブレードですが、ややカーブをえがいた大きなブレードですね!

3_D72_5032.jpg

そしてこちらがBoeing787のロールス・ロイスのTrent-1000です。

シェブロンノズルが騒音を軽減しています。

4_D72_5580.jpg

エンジンのファンブレードはこのようにグニャリと曲がった形状。

加工技術が進歩したからできる形なんでしょうね。

5_D72_7117.jpg

こちらはAirbus A320のCFM56。

PW4000やTrent-1000に比べると、とてもコンパクトなエンジン?!です。

6_D72_6567.jpg

そしてこちらがBoeing747のジェネラル・エレクトリックのCF6。

エンジン前部の大きなファンが入った部分とエンジン後部の燃焼室のある部分がだいたい半々になっていて、

時代を感じさせます?!

7_D72_9370.jpg

エンジンのファンブレードも細くて、直線的。なんとなく古さを感じますね。

こちらのエンジンのGEのロゴシールはかなり薄くなってしまってました。

8_D72_9671.jpg

エンジンもじっくりと見てみると、いろいろな特徴・違いがあって、面白いものです。

飛行機のエンジンについては、月刊エアラインに外江先生が「もっとエンジンの話をしよう」を連載していますので、

そちらをご覧になってください!!

エンジンって奥が深いですよ~!

ところで、皆様の応援の「ポチっ!」のおかげで、ブログ村の航空ブログのランキングにおいて1位返り咲きを果たすことが

できました。

本当に、本当に、ありがとうございます!!

今後とも、よろしくお願いいたします<(_ _)>

One comment

  • やはり、メカニカルな写真が一番好きかも(汗)
    でも飛行機の外観でメカニカルなのは・・・・
    余りないですね。
    次は・・・・・翼???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。