ANAのBoeing787×7!

先週からほぼ毎日のようにBoeng787のニュースがTVやインターネット上のニュースで報じられています。

が、今、日本の空ばかりか世界の空にその姿はありません。

先週おこったANAのBoeing787の重大インシデントを重く見た米航空当局がその飛行を禁止する措置を

発表し、世界の航空会社が同様の措置をとったためです。

当初は”新造機にはよくある初期の不具合”と思っていたのですが、事態は急変、耐空性改善命令に

いたる重大な不具合に発展しました。

早急な原因究明と対応に期待したいと思います。

今日は、成田空港シリーズをちょっとお休みして、1月13日に撮影したANAのBoeing787を特集します。

1月13日はJALの鶴丸MD-90を撮影しに浮島町公園に出かけましたが、14時頃から1時間半ほどの

間に7機ものBoeing787を撮影することができました。

それほど、Boeing787はANAにおいて数をふやし、主力となりつつあったのです。

そのBoeing787が運航を停止・・・・はやく飛べる日が来ることを祈るばかりです。

まずはANAのBoeing787の初号機、JA801Aです。

D72_8013662.jpg

この模様がいつの間にか”サバ”と呼ばれる所以です。

D72_8013690.jpg

東京タワーとNECの本社ビルを背景に、主翼を上反させて接地の瞬間に備えます。

D72_8013753.jpg

次は”あの”JA804Aです。

山口宇部発羽田空港行のANA692便に使われたJA804Aです。

この写真を撮影した3日後の1月16日のことでした。

D72_8042964.jpg

次は私も搭乗したことのあるJA807Aです。

D72_8072556.jpg

つるんとした顔に鋭くとんがった翼。

D72_8072582.jpg

羽田空港の新旧管制塔を背景にRWY34Lにアプローチ。

浮島町公園からのお気に入りの構図。

来る飛行機、すべてをこの構図で!と撮影したのですが、なかなか決まらないんですよね。。。

この日の787もこの1枚だけ。

D72_8072620.jpg

次はJA808A。

D72_8082792.jpg

後ろから見ると、翼のしなり具合と主翼先端が鳥の翼の先っぽのようになっているのがよくわかります。

D72_8082821.jpg

こちらはRWY05から離陸する前のJA810A。

APUの排気口はピカピカで、翼の下のエンジンの排気口のとんがった部分がまだ青いです。

D72_8102683.jpg

そしてJA811A。

D72_8113342.jpg

RWY34Rから離陸したAirDoの飛行機が向こう側を上昇していきます。

RWY34Rを離陸・上昇する飛行機とRWY34Lに着陸する飛行機を絡めて撮りたいのですが、

そんなタイミング、なかなかやってきません。。。

D72_8113372.jpg

最後はJA816A。

私が見たことのあるANAのBoeing787でもっとも新しい機体です。

まだ見たことはないのですが、JA817Aも既に就航しているとか。。。

D72_8163187.jpg

RWY05からの離陸・上昇シーン。

浮島町公園からでもちょっと遠いですね。

500mmの望遠でもキツイです。

D72_8163239.jpg

ANAがすでに就航させている17機のBoeing787のうち、7機をこの日、たった1時間半ほどのうちに撮影できたのは

幸運だったのでしょうか。

この3日後からBoeing787は飛べなくなってしまったのです。

とにかく!

しっかりと原因を突き止めて、対策を施し、十分な検査を行って、復活して欲しいものです。

素晴らしい飛行機なのだから。

とはいえ、ふと頭に浮かんだのは、「もしかして、この影響でBoeing747の退役が延長する?」です。

うーん、複雑な心境。。

3 comments

  • こんばんは はじめまして
    いつも拝見さしていただいています。
    これからよろしくおねがいします

  • 旅客機ファンがドキドキ就航を心待ちにし、飛んでる姿や機影が見られただけで喜び「きっと乗るぞ!!」とワクワクしていたのがこのあいだのことなのに…。
    車や二輪が発売して間なしにありがちなリコール、この類かと思っていました。
    高松空港には今もそのまんま駐機されてるそうですね。
    高松に住んでいた頃なら間違いなく見に行ってたなぁ~
    ANAもJALも787の代替機材の調達はどのようにしているんでしょう??

  • Airmanさん こんにちは
    マンションの自室からポツンと沖留めされている787が1機見えます。
    なかなか飛ばせてもらえず、頭の上を仲間たちがどんどん飛び上がって行くのを寂しく見送っているのじゃないかと、見ているこちらまで切なくなります。
    今月末、香川に帰省する予定です。
    もちろん787を予約していましたが運航はむずかしいようですね。
    高松には戻ってこられない787が待っています。
    大勢の人たちが毎日全力でサポートしているのでしょうが、きっと心細い思いをしてるのじゃないかな。
    あの日、運航停止が決定した時に地方に飛んでいた787は戻ってこられたのでしょうか。
    日本だけでなく、世界中の787を早く大空に返してあげたいなぁと思うこの頃です。
    追伸 大雪の14日、34Lから離陸した飛行機ですが、私が見たのはライトターンだったと思います。羽田は滑走路が1本しか使えなかったようなので、Airmanさんのおっしゃるとおり、34Rの離陸を34Lから行ったということなのでしょう。イレギュラーですよね。