さよなら MD-90、ありがとう MD-90

2013年3月30日21時30分、広島発羽田行きJL1614便。

「17年分の感謝をこめて MD90 ありがとう」とコックピットの下に描かれた機体がラストフライトを終えた。

TDA時代のDC-9に始まり、JASではMD-87、MD-80、MD-87、MD-90と兄弟も増え、黒澤デザインで

航空ファンを楽しませ、JALになってからも活躍してきたMD-90。

感謝の意味を込めて、2005年以降の写真から引っ張り出してきました。(再掲載もあります)

MD-90の様々な姿をご覧いただければと思います。

まずは2005年大分空港でのMD-90。

00IMG_1917.jpg

華奢なMD-90も間近で見ると迫力満点でした。

01D72_2876.jpg

この特徴ある正面顔。

9枚あるコックピットの窓、DC-8を彷彿させるもので大好きでした。

そして胴体の両脇に耳のようについている2基のエンジン、T字尾翼。

「個性派」飛行機でしたね。

02D72_2891.jpg

03D72_2893.jpg

これはぐっと最近、2012年の冬に撮影した写真。

塗装もかなりくたびれてきて、塗装はパッチワークのようでした。

既に退役話が聞こえていた頃。

04D72_6262.jpg

05D72_6265.jpg

羽田空港沖の海からもMD-90を撮りました。

2011年の夏。

この頃はまだMD-90が退役するなんて想像していませんでした。

06D72_5615.jpg

城南島で見るMD-90もカッコよかったですね!

矢のように飛んでくる飛行機。

07D72_8555.jpg

顔はコックピットの窓以外にもいろいろな特徴がありました。

08D72_8562.jpg

この後姿、もう見ることができなくなったんですね。

09D72_2296.jpg

次はちょっと古い2006年の写真。

まだ羽田空港のRWY16Lが南風の時の着陸に使われていた頃。

アプローチコースの真下から迎え撮りするのが好きでした。

10DSC_7427.jpg

そして後姿を見送る。

11DSC_7430.jpg

最後に鶴丸に塗ってもらえて本当に良かったね。

12D72_3471.jpg

短い間だったけれど、再生した新しいJALの姿になって退役できました。

13D72_3516.jpg

TDA・JAS・JALと波乱万丈の人生(機生?!)を歩んできたMD-90。

日本で最後のマクダネル・ダグラス機。(今はボーイングですが・・・)

その退役を惜しむ声は非常に多かったことと思います。

私もその一人です。

サイズ的にも今の日本の空を飛ぶには丁度良いのに。

本当にこれまでの長い間、お疲れ様でした。ありがとうございました。

このMD-90は全てまた別の国の別の空で活躍することが決まっているとか。

海外に行って、また乗る機会があるかもしれませんね!

新天地で頑張ってください。

私もそろそろ退役かなぁ。。。。

今日からまた名古屋です。

4月12日まで。

ブログはまた少しお休みを頂くことになります。

MD-90への感謝とともに、当ブログを応援いただいている皆様、よろしければまた下の「航空」のロゴをクリックしていただけると励みになります。

3 comments

  • Airmanさんの退役は僕より先ではいけません|゚Д゚)))
    僕もAirmanさんを見習って毎日更新してましたがネタ切れですでに中途半端。。。((つД`)゜
    今年で3度目になる夏合宿・・・一昨年は1人。去年は2人。。今年は一緒に行きましょうヽ(*´∀`)ノ

  • airmanさんこんにちは
    MD-90の引退とてもさみしいです。
    1月のさよならチャーターにはのれなかったので大分までいき無事とってきました
    MD-90一度乗ってみたかったのですがのれませんでした
    MD-90一生忘れないようにします

  • MD90の退役、僕も思い入れがあった飛行機なので、少々つらいです。
    毎日PCをひらくと真っ先に更新されてるかどうか見てます(^o^)
    このブログ、最近更新が少ないですね・・・
    もちろんお忙しいのでしょうし、ご都合もありますよね・・・
    それを僕なんかがとやかくつもりは毛頭ないのですが(=_=)
    でも、何年も毎日更新を楽しみにしていた僕としてはとてもさびしいです。
    お仕事をされる傍らで趣味の飛行機を追いかける、そんなairmanさんに自分は憧れてます。
    airmanさん、お願いですから退役なんて言わないでくださいよ~(ToT)