ANA @Narita

成田空港を離陸するANA機一覧。

まず最初はBoeing767-300ER、ウィングレット付きから。NR-0022

最初のBoeing767がANAデビューしてから30年以上?!進化しながら国際線でも活躍するようになりました。トリトンブルーに「ANA」と書かれたウィングレットがカッコいいです。NR-0026

2番目はBoeing737-700。

Boeing737-800はカッコいいと思いますが、Boeing737”らしさ”があるのはこちらですね。

このコロっとした感じがイイです。NR-0057

Boeing737-500にウィングレットが付いた感じです。短胴でコロッとしたかわいらしさに、ウィングレットが付いたことによるカッコよさを併せ持ったハイブリッドな飛行機!?NR-0062

成田空港で見るANAのAirbus A320はちょっと新鮮です。LCCで多く使われているA320。LCCの皆さんは派手ですが、このANAのA320は日本を代表するビッグキャリアの一員らしい風格を持っているように感じます。NR-0083

小さくてもAirbus。きれいですね。ウィングチップはA380と同じ形。NR-0086

そしてウィングレットの付いていないBoeing767-300ER。

”The双発機”みたいな存在のBoeing767です。

Airbus A300と競って、勝ち残った。。。というイメージがあり、ベテランの風格を感じます。NR-0127

「グラスコックピット」という言葉が使われ始めたのはこのBoeing767からですよね。当時はまだCRTだったと思いますが、今は進化してLCDなんでしょうね。

(CRT:Cathode Ray Tube ブラウン管ディスプレイ、LCD:Liquid Crystal Display 液晶ディスプレイ)NR-0130

そしてBoeing787。JA828Aはもう「787」と書かれていません。

NR-0734

この前のBoeing767を見た後にこのBoeing787を見ると、「未来の飛行機」って感じがしませんか?NR-0747

ANA CARGOのBoeing767-300ER(BCF)。

デザインが一新されたANA CARGOですが、おなかの写真でよく分からなくて済みません(^_^;)NR-2496

成田らしく、長いスターアライアンス、Boeing777-300ER。NR-2558

こちらはノーマル塗装のBoeing777-300。NR-2572

翼も長いです。胴体はBoeing777-200に比べて約10mも長くなっていますが、主翼も約5mほど長くなってます。NR-2574

今日、ここに登場しなかったのはBoeing737-800とBoeing777-200、Boeing787-9とかですかね。あとDHC-8-400か。(”ER”の有無まで厳密にいうともっとありますが、見た目の違いで)

もうすべての飛行機が双発機なんですよね。

3発、4発の時代は終わったのか?!と思える機材群です。

1回に大量の人を運ぶよりも、少量多頻度のほうが経済効率が良いのでしょう。確かに利用者の数の増減、季節特性などに対応しやすいと思います。利用者が少ないといっても飛ばさないわけには行かないのですが、それでもロスは少なくて済むのでしょう。

時代の要請なんでしょうね。

ここにジャンボがいないのが寂しいです。

さて、今週末は天気はあまりよくありませんが羽田や成田はにぎわってますね。アメリカ西海岸の港湾労働者のストライキの影響でこれまではあまり見ることがなかった貨物機がバンバン成田に飛来し、「フレイター祭」の様相を呈しているようです。また現在仙台で開催されている国連防災世界会議に出席の各国のVIPを乗せた特別機が羽田や仙台に飛来しているようです。

私は左腕骨折のせいで車の運転ができないし、そもそもカメラのレンズを持てない状態なので参戦できませんが、航空ファンの皆様は空港で大いに楽しまれていることでしょう。

羨ましい。。。

それでは、皆様、今日も良い1日を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)