SAS Scandinavian Airbus A340-300

本日もちょっと涼しい雰囲気の飛行機を。

そして、今週は月曜日・火曜日が休みで、本日が実質的に週の始まりなので元気に仕事ができるように4発機を!

ということでSASスカンジナビア航空のAirbus A340-300です。

成田空港で見られる数少ないAirbus A340です。

B滑走路(RWY16L)にアプローチしてきました。4発機は遠くからでもわかりますね!

赤い4発のエンジン、グレーの胴体、真っ青な垂直尾翼!

そしてドーン!!

エンジンが2個しか映ってませんが、4発機です!!

Airbus A340、2輪のボディギアが特徴的ですね!

もう1枚、ドーン!

かっこいい・・・・

そして真横に来そうだったので機体全体が映るように、引きます。

胴体前部に描かれている「Scandinavian Airlines」の文字、グレーの胴体に銀色や白で描かれた文字、なぜこんなに見難い色で描かれているのか。不思議です。

そして真っ赤なエンジン、雪の中では目立つでしょうね。

そして垂直尾翼の「SAS」の文字、昔はこのように航空会社の略称(スリーレター)を垂直尾翼に描くのが流行っていたような気がします。

ここで機首部分を切り取るか、機体全体を撮るかで悩みましたが、せっかくの4発機なので全体を選択しました。

ポコポコとした雲の背景もGood!です。

そして管制塔と、スレッショルドのマーキングと、Airbus A340。

貴重な、貴重なAirbus A340-300でした。

コペンハーゲン国際空港から10時間20分かけて飛んできたSK983便です。

このあと成田空港に2時間ほど滞在してから、日本時間の11時半頃に今度はSK984便としてコペンハーゲンに帰ります。

 

連休明けの今日から仕事、今日・明日は1泊2日で大阪です。

この赤い4発のエンジンの飛行機を見て、頑張ろう!

 

それでは皆様、今日はこの辺で。

良い1日を!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

four × 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください