50th A330 for AIR CHINA

成田空港シリーズ・・・まだ続きます。63機目はAIR CHINAのAirbus A330-300です。

成田空港に到着したAIR CHINAのA330ですが、機体の前方に「50th A330 for AIR CHINA」とペイントされていました。

AIR CHINAに納入された50機目のAirbus A330なんですね。

現在は59機まで増えているようですが、2015年9月30日にこの50機目が納入されたのを記念して記されたようです。

そしてこのAirbus A330ですが、見た目からは分かりませんが最大離陸重量(MTOW)が242トンに引き上げられた機種だそうです。それまでのAirbus A330の最大離陸重量は184トンから235トンと複数の仕様が存在していたそうなんですが、それが242トンに引き上げられたんです。

これはその242トンバージョンのAirbus A330-300です。

普通のA330なんですけど、特別なんですね。

Airbus A330の正面顔。

やっぱりきれいというか、整った顔立ちです。

そしてこのボディ。

特に主翼の付け根部分の肉感的な感じが好きです。

翼端のウィングレットとコックピットと「50th A330 for AIR CHINA」

そして出発シーンへ。

RWY16Rにタキシング中、タイのAirbus A380とすれ違いました。

(お尻が切れちゃいましたが。。)

やっぱりA380はでかい!

離陸滑走中。

MTOWが引き上げられた機材、たくさんの貨物を積んでいるのでしょうか。なかなか飛び立とうとしません。。。

ようやくローテーション。

エアボーンしました。

これで翼がグイっとしなっていたら素敵なんですが、A330・・・翼が固いです?!

斜め後ろから見たA330、やはり美しいです。

中国国際航空に納入された50機目のA330、飛んでいきました。

Airbus A330-200が30機、-300が29機、導入されているAIR CHINA・中国国際航空。

大きな航空会社です。

1機、何億円もする飛行機を大量に購入し、飛ばしている航空会社。すごいですよね。

ちなみに、このAirbus A330-300は約257億4000万円です。もうすぐJALが導入するA350 XWBのお値段は約309億4000万円ですよ!!

A320-neoのような小さな飛行機でも約107億7000万円します。

ふぅ~

桁が違いますね。

普段、お客様と「次期システムの構築費用は〇億円です」というような話をしたりしてますが、飛行機1機分のお値段の100分の1~200分の1?!

ピンとこないです。

 

さて、昨日で今年後半の大きな山というかイベントを1つ超えました。

良い結果というか、喜んでいただくことができてホっとしています。

良かった、良かった。

 

ということで、空へ。。。と思うのですが、天気が悪いですね。

もう少し我慢です。

 

それでは皆様、急に寒くなってきましたが、風邪ひかないように!!

良い週末をお過ごしください!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

11 + seven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください