ANAのトリプルセブン 成田ランディング

ANAのBoeing777-300ER(JA733A)。
成田空港のRWY16Rへのアプローチ。
このトリプルセブンもジャンボが退役しつつある現在、威風堂々とした雰囲気を感じるようになって来ました。
“これからの世界の空は俺に任せておけ!”
そんな感じです。
ANA B777 1
-300と-200の明らかな違いは胴体の長さ。
-200は4つドアですが、-300は胴体が長くなりドアも5つあります。
胴体が長い分、垂直尾翼が少し小さく見えます。
ANA B777 2
翼端にピントがあってしまい、機種部分がちょっとぼけちゃいました。
成田タワーをバックにファイナルアプローチ。
鳥が着地する寸前に翼を立て、前後に羽ばたく姿を髣髴させるフラップ。
空気を翼の下にがっちりとつかんでいるようです。
ANA B777 3
このころコックピットでは接地までの高度のカウントダウンが鳴り響いていることでしょう。
50・・・30・・・20・・・
ANA B777 4
そして接地直前。
前の写真と比べてみると分かるとおり、フレア(引き起こし)を行って、機首がやや持ち上げられています。
機首を引き起こして揚力を増し、それまでの降下率を減じています。
この引き起こしのタイミングがなかなか難しいんですよね。。。。
ANA B777 5
そしてランディング。
長い海外からのフライト、お疲れ様でした。
ANA B777 6
成田空港周辺にはいくつかの撮影スポットがあり、いろいろな写真を撮ることが出来ますが、
このさくらの山から見るRWY16Rへのアプローチからランディングが一番気に入ってます。
海外からの長いフライトの最後、締めくくりの姿。
飛行機が地上に戻る緊張感。
飛行機との距離感。
Bランが本格的に運用されるようになってからRWY16Rへのアプローチはかなり減ってしまいました。
それでも時々はこのようにその姿を見ることができる南風の日、成田のさくらの山は興奮に包まれます。

JAL Airbus A300-600RのRWY22 Landing

2011年3月末で全機退役か・・・といわれていたJALのAirbus A300-600R。
震災後の鉄道・高速道路網の被害の影響で、青森を含む東北の空港との人員・物資の大量輸送の必要性からその退役は延期となり、今も元気に飛んでいます。
とはいえ、その数は急激に減り、羽田空港に長い時間いても、なかなかお目にかかることができません。
この日も、ようやく会えたのが今日掲載する1機です。
モクモクと沸き立つ積雲群を背景に羽田空港のRWY22にAirbus A300-600R(JA016D)がアプローチしてきました。
できればJA8375(JAS時代に導入されたA300-600Rの初号機で「ありがとう」ステッカー付き)に会いたかった。。。
JAL A300 1
この荒地の中のランウェイに着陸するのでは?と思うようなシーンがなかなか気に入ってます。
京浜島ならではですね。
JAL A300 2
接地の瞬間というか、直前。
地面と機体の角度は結構ありますね。
JAL A300 3
接地直後、接地したメインギアからは白い煙が上がります。
停止していた車輪がいきなり200km/h以上の速度で回転するのですから、ものすごいエネルギーが発生するのでしょう。
JAL A300 4
京浜島名物?! 管制塔をバックに滑走路を疾駆する飛行機。
機体にフォーカスしてるので、新管制塔の首がちょん切れてしまいました。。。
JAL A300 5
RWY22にランディングしたA300。
第1ターミナルに並ぶJALの仲間を背景に減速しています。
JAL A300 6
これはおまけの1枚でしょう。。
RWY16Rから離陸使用としている上海航空のBoeing767が入っていたので、掲載しちゃいました。
JAL A300 7
今、現役で飛んでいるJALのA300は何機いるのでしょうか。
JA8375は飛んでいるのか?
そして、全機退役となるのはいつなのか?
ラストフライトはいつなのか?
デビューから20年近く飛んできたAirbus A300-600R、そのラストスパートはしっかりと見ておきたいものです。

1 2 3 16