コックピットの窓を拭く、コーパイさん

昨日に引き続き、今日もコックピットシリーズです。
北風が強く、冷え込み厳しい午後の羽田空港第2ターミナルのスポット。
出発準備中のANAのBoeing767の窓を、コーパイさん自ら拭いてました。
こっちはダウンのモコモコのコートを着て、寒さに震えながら写真を撮っているというのに、
半そで姿のコーパイさんは寒さにも負けず、窓から半身を乗り出して窓を拭いてます。
「ちょっとした汚れも気になるんだよね~、ん?! なかなかとれねーな、この汚れ・・」
窓を拭き拭き
窓拭き完了。
寒さのせいか、ちょっとぎこちない動作で機内に体を戻しました。
窓拭き完了
“ギーコ、ギーコ”
「最近じゃ、どんな車だってパワーウィンドウが着いてんのによー」
「グラスコックピットのBoeing767の窓が手動だなんて・・・」ブツブツ・・・
歯を食いしばって、窓を閉めるコーパイさん。
「寒いから早く閉めて・・」とキャプテンに言われているのでしょう。
パワーウィンドウならいいのに
窓閉め完了。
「上良し!」
上良し
「下良し!」
安全第一、指差し確認で窓が閉まったことをきちんと確認します。
下良し
到着と出発の間に整備の方が窓を拭く姿は何度か見たことがありますが、
出発前にこうしてコーパイさん自らが窓を拭く姿は初めて見ました。
よっぽど気になったんでしょうね。
気になったらそのままにせず、フライト前に解決する!
安全に対する姿勢、素晴らしいです!!

スターアライアンスのコックピットから

紛らわしいタイトルですが、スターアライアンスのBoeing777のコックピットに入ったわけではありません。
なかなか楽しそうな会話が聞こえてきそうな風景を撮影しましたので、それを紹介させていただきます。
プッシュバックを開始直後、キャプテンが窓越しに左手を振ってくれました。
キャプテン:「風が強くて寒いのに展望デッキにあんなにたくさんの人がいるよ」
キャプテン:「お前も手を振ってやれよ」
キャプテンが手を振る
コーパイ:「えっ、マジすか?!」
コーパイ:「子供とか、綺麗な女性もいるんすかね?」
そう言って、コーパイは窓に顔を近づけて展望デッキを見た。。。
コーパイが展望デッキを見る
コーパイ:「僕のグローブ、昨日洗濯するの忘れちゃったんすよ。。。。」
コーパイ:「指も間違って全部きっちゃってるし。。。。」
コーパイ:「ま、いっか」
そういってコーパイは開き直って両手を振った。
コーパイが両手を振る
キャプテン:「おっ! お前、両手か!・・・ じゃ、私も両手で・・・」
キャプテンは改めて両手を振った。
顔は計器盤を見ている、ちょっと恥ずかしそう。。。
キャプテンも両手を振る
こんな会話があったかどうかは知りませんが、ANAのスターアライアンス塗装のBoeing777-200(JA712A)はプッシュバックを続けてます。
プッシュバック
プッシュバックが終わり、トーイングトラクターが切り離され、インターフォンもディスコネクト。
エンジンも始動し、いよいよタキシング開始。
キャプテン:「チェック ライトサイド」
コーパイ:「行ってきまーす! ありがとうございました!」
コーパイ:「えっ?! あっ! マイサイドクリア」
コーパイが行ってきますと手を振る
明るく、やさしい二人のパイロットが操縦するスターアライアンスのB777は地上スタッフに手を振って見送られてゆっくりとスポットを出て行きました。
地上スタッフが手を振る
コーパイ:「V2・・・・ポジティブ!」
キャプテン:「ライトサイドからの風が強いね。。 ギアアップ!」
飛行機は強風の吹き荒れる羽田空港のRWY34Rを離陸していきました。
スタアラが離陸
記事中の会話はすべてAirmanの勝手な想像です。。。。
飛行機という巨大な最新技術の粋を集めたマシンに、人間の温かみを感じたシーンでした。
飛行機を操るのは暖かな血の通った人間。
人とマシンが一体となり、多くの人々の夢や希望、目的地への想いを届ける安全な空の旅が実現されます。
やっぱり、展望デッキ通いはやめられませんね。。。。
ちゃんと、撮影しながらも私も手を振りました!!
(コーパイが展望デッキを覗き込んでいるとき。。。)

1 2 3 17